President blog社長ブログ

真駒内CC仮オープン中
オープン4.11
滝のCC
オープン(予定)4.18
羊ヶ丘CC仮オープン中
オープン4.11
新型コロナウイルス感染症の対応につきまして

プラン検索・予約

プレー予定日
コース選択

プラン検索・予約

公式サイト
    予約限定 ¥500 OFF!! キャンペーン 真駒内・滝の・羊ヶ丘 4/1〜5/30
公式サイト
    予約限定 ¥500 OFF!! キャンペーン 真駒内・滝の・羊ヶ丘 4/1〜5/30

真駒内レディス選手権 決勝

本日、早朝より真駒内レディス選手権の決勝が行われました。
実力者同士の戦いに火蓋を切り、どのような展開になるのか・・・と、周りが盛り上がっていました。
前半は、実力通り能登さんが3UPで折り返し、高田さんはショットがブレ苦戦されておりました。
後半に入ると、高田さんのアプローチとパットが冴え始め、徐々にエンジンが掛かり、ホールを消化するごと形勢を引き寄せました。
粘り腰とも言える執拗な追い上げに、能登さんも焦りが見えてきたように思えます。
緊迫状態が続きつつ、能登さん1UPで18番ホールを迎えました。
18番グリーンに、ピン奥約4メートルに寄せた高田さんとピン手前に乗せた能登さんのパッティング勝負となりました。
遠い方の高田さんが下りの難しいラインを先に打ち、渾身のパットは吸い込まれるようにカップに沈みました。
このパットは能登さんに大きくプレッシャーをかけました。
残念ながら能登さんはウイニングパットを外し、イーブンとなり、エキストラホールへ。
1番ホールに移り、高田さんはパーオンしバーディパットを50cmショート。能登さんは2オン出来ず絶妙な寄せでリカバリー。パーは確実と思いました。
このまま2番ホールかと思いきや、能登さんのパーパットはカップを舐め、無情にもカップ外へ転がり「あっ!!」と周りからタメ息がこぼれました。
高田さんはそれをOKし、自身の50cmのパットを沈め・・・勝利を得ました。
素晴らしい戦いに拍手です!!

(情報提供:本社 長谷川 課長)
レディス選手権画像
<戦い終わって両雄の握手>